難しい用語も一発解決!ISDNやADSL?光回線、何が違うの?

世界最速の超高速インターネットNURO光

難しい用語も一発解決!ISDNやADSL?光回線、何が違うの?

難しい用語も一発解決!ISDNやADSL?光回線、何が違うの?

 

インターネット回線を利用するのに、色々と方法があるみたいなんだけど、違いがよく分からないんだよなーって方もおられると思います。
まず、先に結論から言うと、光回線が使えるのであれば、光回線をお勧めします。

 

何故なら、一番安定していて、速度も速く、安いからです。

 

さて、これからは少し違いですが、歴史から言うとインターネットをする為には、昔は電話回線を利用していました。
当時は、インターネットに繋ぐ=その間電話をしているのと同じ状態だったので、ある意味電話代が高額でした。
しかも、インターネットを使っている間は、電話が使えませんでした。

 

そうなんです。
回線が1つしかないので、電話か?インターネットのどちらかしか使えなかったんですね?

 

それだと不便だなぁって出てきたのが、両方一緒に使えるISDNといった回線です。
今現在、使っている方はそういないと思いますので、まぁ、昔あったんだなぁって程度の認識で大丈夫です。

 

その次に、もっと速度の速いADSLといった回線網が発達しました。
今現在、利用されている方も多いです。
速度が圧倒的に早かったんですね?
ここで言う、速度と言うのはインターネット回線でデータのやり取りをする速度の事です。

 

インターネットはメールを送るなどの作業の時は、アップロードといい、ページを閲覧する為に表示させるデータを取得する事をダウンロードなどと表現します。
分かりやすく解説する為に、厳密には少し違うかもしれませんが、ご了承下さい。

 

速度が違うと、何が変わるの?って部分ですが、体感出来るくらい、すぐにメールの送受信が出来たり、ページが表示されたりします。
ISDNが一般道としたら、ADSLは高速道路って感じですかね?
通信のデータが多かったとしても、割とスムーズに作業が可能です。

 

データの量は、文字だけだと大して変わらないのですが、最近は写真でも高画質だったり、動画コンテンツが多かったりしますよね?
そういった場合、データ量が一気に増えます。
高速道路で言う、GWやお盆、正月みたいな感じですよね?

 

一昔前までは、そんなコンテンツも少なかったのでADSLでも十分だったのですが、最近は更に太い高速道路が必要なコンテンツが多くなってきています。
その結果、表示が遅くなったり、止まった様に見えたりする、或いは、動画が途切れるなどの問題も発生してくるようになりました。
一番の欠点は、ADSLはノイズの影響と、NTTの基地局からの距離によって、出せる速度がかなり変わるといった点です。
同じ月額費用がかかっているにも関わらず、NTTの基地局から離れているとか、電車が通っているとか飛行場があるとか様々な理由で人それぞれ速度が違っていたのです。

 

同じページを表示させるのにAさんは1秒、Bさんは5秒かかります。みたいな現象が起こってたんですね?
また、最近では、モバイル系でワイマックスなどの電波を利用したものもありますが、速度的には落ちてしまいます。

 

そこで、現在主流なのが光回線となるのです。
実は、この光回線も昔からあったのですが、ぶっちゃけ高価だったのです。
それが、今は光回線網が整備され、利用可能な地域なら、無理やりADSL回線を使ったりするよりもお得だったりするのです!
また、ADSL回線なんかよりも圧倒的に速度が速いし、ノイズの影響も受けにくいので、安定しています。

 

今なら、話題のコラボなんかもありますので、申込むには一番良いタイミングだと思います。