引越し手続き必要!自動車の登録変更で押さえておきたいポイントとは?

世界最速の超高速インターネットNURO光

引越し手続き必要!自動車の登録変更で押さえておきたいポイントとは?

引越し手続き必要!自動車の登録変更で押さえておきたいポイントとは?

 

自動車の登録変更などについて

 

自動車の登録変更

自動車の登録変更は、本来引越し後15日以内に、管轄の陸運局で行う事とされています
ただ、それをしなくても車には乗る事が可能なのですが、税金や保険の事もあるので、出来るだけすみやかに行う事をお勧めします。
陸運局の管轄は、市町村単位ではありませんので、まずは、どこの管轄になるかから調べないといけません。

 

書類系は、難しく、陸運局に有料で作成代行してくれる所があるくらいです。
近所の車屋さんにお願いするのが、適当かと思います。
管轄の陸運局が変わった場合は、ナンバープレートも変更になりますので、取り替えてもらいます。

 

その場合、委任状が必要になりますが、ネットからでもダウンロード可能です。
若しくは、車屋さんにあると思います。
お願いする場合は、以上となります。

 

さて、ここからは自分で住所変更をする場合です。

必要な物は以下の通りです。
<車の住所変更手続きに必要になる書類・物の一覧>

 

○申請書(OCRシート)
(陸運局(運輸局・支局)の用紙販売所にて入手します。これが面倒くさいです。)

 

○手数料納付書
(陸運局(運輸局・支局)の用紙販売所にて入手します。)

 

○自動車税申告書
(陸運局(運輸局・支局)にて入手します。)

 

○車検証
(自分の車の車検証を持っていきます。)

 

○印鑑

 

○住民票
(引っ越した場所が確認できる物が必要であり、通常は住民票や戸籍謄本を持っていきます。(発行後3ヶ月以内の物))

 

○車庫証明
(新しい住所の車の車庫証明が必要です。(発行後1ヶ月以内物))※以下に追記あり

 

○委任状
(自分でやる場合には必要ありません。)

 

流れとしては、殆どが陸運局にありますので、用紙の購入から、提出、ナンバー取り替えといった感じで、何とか出来なくもないですが、来ている人の殆どが車屋さんです。
申請書(OCRシート)は結構面倒なので、後々の事も考え、付き合い出来る車屋さんを探し、お願いした方が無難だと個人的には思います。
月末とかは、結構混むので注意して下さいね?

 

 

 

運転免許の住所変更

これは管轄の警察署で行います。
手続きするには、「運転免許証」「印鑑」「新住所を確認できるもの(住民票が一般的)」が必要です。
もし、都道府県を越えて引越す場合は、別途写真が1点必要です。
次に説明する、車庫証明も同時に申請しておくと手間が省けるので、一緒にやってしまいましょう!

 

車庫証明申請と証明書入手

申請するのは、上記同様管轄の警察署です。
申請には、車庫の配置図や申請書類などが必要になりますので、事前に準備が必要です。
ここでは、申請だけで、証明書は後日発行される流れとなります。

 

引越し先の警察に確認しておくといいかと思います。
警察署一覧はこちら

 

中々ないかも知れませんが、新たな住所の近所で車屋さんを探し、手続きをお願いする事も可能ですが、1つの案として、一度売ってしまうのもありだと思います。
車はプレミアでもつかない限り、消耗品で、価値は下がる一方ですので、この機会に、乗り換えを検討するのもいいかもしれませんね?

 

運ぶ費用

 

手続き費用

 

手間

 

価格の下落

 

などを考えると、検討してみる価値はあるかと思います。

 

一度査定だけでも出されてみては?

 

中古車の買取・査定なら【かんたん車査定ガイド】をおすすめします。ガリバー・カーセブン等大手査定会社と提携し、愛車の最大価値を引き出します。

かんたん車査定ガイド



 

車の買い取り査定については、以下のサイトで詳しく紹介されています。
http://carmitsumori.web.fc2.com/

 

 

 

バイクの場合はこちら

 

まだまだ関連ページに役立つ情報をまとめています。
どうぞ、ご利用頂き、素敵な新生活をお送りください。