簡単引っ越し方法や失敗談!?

世界最速の超高速インターネットNURO光

引越し後に家財や壁が壊れたら

引越し後に家財や壁が壊れたら

 

引越し後に、家具に傷がついていた、壁が傷ついていたなどということが時々あります。

 

以下で私が経験したことをお話します。

 

退去時に壁紙に傷

私が学生の頃、住んでいたアパートでの出来事です。

 

退去時に管理会社に部屋の内部の確認をしてもらい、敷金の清算をしたときのお話です。

 

「壁紙に傷が入っているので貼り換えをするお金を敷金で賄う」ということでした。

 

この傷、入居したときからあった傷だと思っていたので、まさか自分の敷金で修理することになるとは思いませんでした。

 

このアパートに住んでいるときから、ずっと気になっていた傷でした。

 

でも、よくよく考えてみると、入居時にあったのではなく、引越しのときに引っ越し業者さんが家具をぶつけたなどして付けた傷ではないかと思います。

 

あとの祭りということです。

 

特に何も対応しなかったので、そのまま清算しました。

 

このときは、引っ越しの経験も乏しく、このような傷が保険で賄えるということを知りませんでした。

 

引っ越し作業後に空気清浄機が故障

引越し業者の方は、社員が1名、その他は学生のアルバイトなどということが多いです。

 

若い人のほうが体力があるので、学生はひっぱりだこです。

 

でも、彼らはまだ若いので、社員に怒られることを恐れて失敗を申告したがりません。

 

引越し作業をこっそり見ていると、家具や家電を落としたりしていることが多々あります。

 

私は、引っ越し後に空気清浄機を壊されてしまったことがあります。

 

2台空気清浄機を使っていたのですが、一台は動作が不安定になり、もう一台は上部に落としたと思われるデコボコの傷がついてしまいました。

 

その時も、指摘をしなかったので、1台は故障して廃棄処分、もう1台はそのまま使ってます。

 

壁紙の修理を保険適用

あるマンションから退去するときに、引越し時に壁紙に傷がついたことを確認したことがあります。

 

その時は今までの経験もあり、保険を適用してもらい清算することができました。

 

たしか5万円くらいだったと思います。

 

引越し代金もたいした金額ではなく、5万円を保険で賄わなければならないというのは、かわいそうな感じがしますが、このお金は引っ越し業者が加入している保険で賄われるので、問題はありません。

 

引越し時の保険適用対策

私は経験がありませんが、中には引っ越し業者につっぱねられるということもあるのではないでしょうか。

 

その対策としては、引っ越し前に部屋や家財の写真をしっかりと撮っておくことが大切です。

 

最近はスマートフォンできれいな動画も撮れるので、動画で記録しておくのもよいでしょう。

 

 

まだまだ関連ページに役立つ情報をまとめています。
どうぞ、ご利用頂き、素敵な新生活をお送りください。