簡単引っ越し方法や失敗談!?

世界最速の超高速インターネットNURO光

荷造りや運搬について

荷造りや運搬について

 

引越し業者は、基本的には荷物を運ぶサービスです。

 

顧客は一切荷物を運ばなくても問題ありません。

 

だいたい、数日前に段ボール箱を運んでくるので、それに詰めて、当日来るのをを待つだけです。

 

引越しのときに、自分で荷造りするのは大変ですよね。

 

転勤で引っ越しなどという方は、引っ越した翌日に出勤なんてこともあり、体はくたくたで仕事にならない!なんてことにもなりかねません。

 

そんなあなたにお勧めなのが、おまかせサービスです。

 

大手引越し会社には、おまかせサービスというのがあり、箱詰めをすべてやってくれます。

 

まあ、それなりに高くはなってしまいますが。。。

 

そんなときは、引越し費用を安く抑えるサービスを利用しましょう。

絶対知りたい!引越し料金を安くするコツとは?

 

引越しをするなら、誰だって少しでも安くしたいと考えますよね?
見積もりを出して、具体的な引越し料金の交渉術に関してはこちらをご覧ください。

 

さて、それ以外の部分ですが、ズバリ!

 

運ぶ物を、極力減らす!といった事がポイントです。

 

えーそれ位分かっているよ!と思われるかも知れませんが、実際の物の価値で判断する事によって、運ぶより捨てて、新しく買った方が絶対得する場合が多々あるのです。
勿論、今も現役で使える家電等に関しては、運ぼうと考えますよね?
ポイントはそこなんです!

 

今、家電の価格って驚くほど下がってますよね?
リサイクルショップに持っていくとか、オークションで自分の持っている家電の価格を見てみて下さい。
恐らく、え!たったこれだけの価値しかないの?と思われると思います。

 

また、発売後3年以上経っているものだと、リサイクルショップでは買取すらしてくれない事も多々あるのです。

 

新品で購入した時は高かったのだから、そんなに価値は下がってないはず。。
皆が皆そう思っているのです。

 

これは、家電だけではありません。
特に大きなもの等の場合、無理をして運ぶより、早めに売却して、新しい物を新居に配達してもらう方が、断然お得な場合が多々あるのです!

 

冷蔵庫やソファー、大きな家具などを運ぶ際には、それなりの費用がかかっています。
私が言いたいのは、その荷物、ホントにお金を払ってまで運ぶ価値のある物ですか?といった事です。

 

大きな荷物を減らし、全体的な物量を減らすと、必然的に、引越しのトラックの大きさから、人員の数まで変わってきます。
引越しのアルバイト等をした事がある方なら分かると思いますが、概ね1日当たりの日当が8000円から10000円位です。

 

そのお金を出すのは一体誰ですか?

 

単純に考えても人員が1人減るだけもその分かかる費用も減らせるといった事です。
また、2トントラックで載りきらないとなると、次は4トントラックの出番です。
それでもダメなら大型トラックです。

 

それぞれ、トラックを動かすには、大きさに応じてコストがかかります。
もし、大きな荷物の○○を運ばないとしたら、4トントラックではなく、2トントラックで作業出来たのに。。と考えると、余計にホントに価値のあるものか考えてみるといいかと思います。

 

不要なものは思い切って処分してしまうというのも一つの考え方です。

 

引越しは新しい運気を運ぶチャンスでもあります。

 

 

知ってて便利!達人が教える荷造りのコツとは?

 

引っ越し時の荷造りは、何かを大量に運ぶ場合とは少し異なる点に注意が必要です。

 

その荷造りのコツとして、順番があります。

 

普段あまり使わない物から梱包していきましょう!
少し考えると分かると思いますが、よく使うものを梱包してしまうと、何度も必要になり、その度に梱包している物を開けなければならなくなってしまいます。

 

それって非効率ですよね?

 

でも、不思議と、目につくものから梱包してしまいがちですので、よくある失敗なのです。

 

次に、新居のどこに置くのかをしっかりと考えておき、その部屋ごとに梱包したものをまとめておくと、作業する側にとってもいちいち、「奥さん!これはどこに置くのですか?」などといった無駄な作業が減り、効率的に引越し作業が行えます。
更に、自分でも、この荷物は、この部屋のこの部分に置く!と決めておけば例え聞かれても即答えられます。
しかし、はっきり決めておかないと、引っ越し後に、やっぱりこっちの部屋に移動しようかな?等と思った場合、全て自分でやらなければならないと言った無駄が生じます。

 

軽い物ならまだしも、大きな家具を1階に配置してもらったけど、やっぱり2階に置きたいな!などと思ってしまったら最悪ですよね?
そんな事にならない様、しっかりと先に配置を考えて梱包してきましょう!

 

そう言われても一体何が使わない物で、何が使うのか?順番が分からないと言った場合、今の季節に必要のない衣類や、普段あまり使わない部屋の物から、優先するとやりやすいです。
どこから手を付けていいのか分からない場合は、参考にして下さい。

 

また、部屋毎や、用途毎に分類分けして作業するのもありがと思います。
今日は子供部屋関係をして、明日はキッチンまわり系などといったやり方です。

 

そして、ポイント!
必ず、その部屋や用途の物の中から捨てるものを出して下さい。

 

引越し料金の下げ方の重要なポイントに、運ぶ物を減らすといった事があります。
(引越し料金を安くするコツはこちら)

 

よくよく考えたら、お金を払って無理して運ぶのなら、捨ててしまって(又は売ってしまって)新居で新しい物を購入した方が、得をする場合が多々あります。
ホントに、運ぶに値するものなのか?一度立ち止まって考えてみて下さい。

 

引越しは新しい運気を運ぶチャンスでもあります。

 

因みによくありがちですが、昔の写真を見つけて思い出に浸っている場合ではないですよー

 

 

いつやるの?粗大ごみなどの処理方法とは?

 

粗大ごみなどの処理ですが、結論から言うと時間があれば、業者さんよりも自治体に頼んだ方が断然安くつきます。

 

勿論自治体によってやり方も金額も変わってきます。

 

デメリットですが、時間がかかります。

 

それは、回収日が大体決まっているパターンが多いからです。

 

なので、申し込みをして、今すぐ引き取りに来てくれるといった訳ではないのです。

 

金額はかなり安いので、出来るだけ早めに粗大ごみを決めて、申込みしておく方が無難です。

 

また、時間が取れないとか、急ぐ場合は業者さんを頼むとすぐに来てくれます。

 

引越し全般で考えても、買い換える物が多くゴミ扱いにしたい場合、引越しをお願い出来る所もありますが、私の場合相殺すると割高でした。
それなら、引越し会社の不用品引き取りサービスを利用して、トータル的な価格を見た方がいいと思います。

 

あとちょっとした豆知識として、リサイクルショップやオークション、又は各種買取りショップへ依頼して、運ぶ荷物を減らすといった方法もあります。
ただ、正直な所、リサイクルショップは二束三文ですし、引っ越しシーズンは余計に足元を見られます。

 

手間がかかりますが、オークションなどが便利ですね?

 

各種買取りショップは、思っていたよりもお宝だった!なんてこともあるので、一度問い合わせてみてもいいかもしれません。

 

箪笥の肥しを運ぶのは引越しではマイナスです!

 

この際思い切ってといった事も必要です。

 

大きなものは運ばずに、自治体の粗大ごみへ

 

古い物は、各種買取りショップへ鑑定依頼

 

 

急ぎで捨てたい物は、粗大ごみ回収の会社

へと使い分けると、運ぶ荷物が減り、相殺すると、運ぶより新品を買った方が安くつく場合もありますので、思いきるといいかと思います。

 

各種買取りショップでは、意外な物が高値がついたりして、びっくりするかもしれませんよ?

 

<どうせ見積もり出すなら、得しちゃわないとねっ!>

 

粗大ごみの回収についてですが、うまく日程が合わなくて引っ越し後ではないと来てくれないなんてことも多々あります。

 

実際に私もそういう経験をしましたが、その時管理会社にお願いして、置いていく許可を取り付けました。

 

不要なものを引っ越し先に持っていきたくないですよね。

 

回収の日程が合わない場合は、一度、管理会社にご相談されることをお勧めします。

運ぶ?捨てる?それとも。。

 

引越しの荷造りをしようと、本棚を開けると「本がたくさんで詰めるのも大変」ということもあるかと思います。

 

二度と読まないような本やCD、DVDなどをわざわざ箱に詰めるのは大きな負担ですよね。

 

そんなときは、これらをまとめて売却してしまうというのも一つの方法です。

 

近所にブックオフがあればよいのですが、そうでない場合はどうしたらよいか迷いますね。

 

そんなときは、ブックオフの買い取りサービスを利用しましょう。

 

送料無料で、査定をして、買い取りをしてもらえます。

 

裏話ですが、不要な本を捨てるのが面倒という場合は、全部箱に入れて送ると処分してもらえます。

 

ブックオフの買い取りサービスは、以下から申し込みしてください。

不要な本はブックオフに売却しましょう。


 

一度申し込みをすると、その後、買い取り金額を割り増ししてもらえるDMが届くようになります。

 

買い取りしてもらい忘れたものがあったら、それを利用するのがお得です。

 

押し入れの中に眠っている古いパソコンありませんか。

 

私は昔使っていた、FMTOWNSやMSXというパソコンやゲームソフトがあり、処分に困っていました。

 

ネットで調べてみたら、これらを高く買い取ってもらえる業者があることがわかり、そこで買い取ってもらうことにしました。

 

私が買い取ってもらったところは、こちらです。

 

BEEP

 

秋葉原にお店がある会社です。

 

見積もりを取ったらびっくり、合計金額が10万円を超えていました!

 

処分に困ったものを無料で引き取ってもらおうと思って、10万円以上もらえるなんて、何とうれしいことではないでしょうか。

 

 

荷造りや運搬について

引っ越し後 意外にすぐ欲しいあれって?

 

引越しすると新居ですぐ欲しい物が幾つかあります。
貴重品は、あなたがしっかり管理しているとして、当たり前に使っている物程、あ!忘れてたといった事が多々ありますので、最小限度の事を解説しますね?

 

引越し後すぐに欲しい物

 

照明器具

新居には電気はきているが、照明器具自体がついていないケースが多々あります。
また、忘れずに持っていったとしても、他の荷物を整理していると取り付けを忘れ、暗くなってから照明器具を付けていない事に気がついたりするものです。
暗い中での取り付け作業はやりにくいですので、まず、電気がきているのを確認する意味も含めて、一番に取り付け作業を行う方が良いと思います。
もし、自分で出来なくても、引越し屋さんに手伝ってもらったり、天井が高くて届かない場合などでも、台を貸してもらえたりする可能性がありますよね?
電気、ガス、水道に関しては、とても重要なので、一番に確認し、使える様にしましょう!

 

カーテン

私の引越し時に、友人から教えてもらってはっとした物です。
窓が大きいと特に丸見えなんですね?
夜になると、特に見られている感ハンパないです。
カーテンレールや取り付け部品も含めて、きちんと確認し、早めに取り付けましょう!
因みに私は、心機一転で新しくカーテンを購入し、引越し当日に届くように日付指定しました。
持っていく場合は、部屋数(窓数)が変わる場合もありますので、確認しておくと良いかと思います。

 

トイレ、掃除、紐、ガムテープ、タオル、ゴミ袋など

電気、ガス、水道に続き、トイレは非常に重要です。
きちんと水が流れるか?確認するのは勿論ですが、トイレットペーパーがないと、いざという時、「おー紙よー。。」となってしまいます。
掃除道具に関しては、引越し時に大量の埃などが出ます、これって想像以上です。
大きく重たい物程綺麗にする事が少ないので、洗剤を含め、雑巾なども多めに用意しておくと良いかと思います。

 

紐やガムテープはちょっとした事に使える範囲が多いです。
何かを固定したり、仮止めしたり、不要な段ボールをまとめたり、マジックで書いてラベルの代わりに使ったりと用途は沢山あります。
出来れば、後ではがしやすい様に、紙製の物ではなく、丈夫な布製の物をお勧めします。

 

また、雑巾同様、タオルも何かと使えます。新居でお風呂に入った時、体を拭いたりするのは勿論の事、何かを拭く時、また、緩衝材の代わりになったりもしますので、多めに用意しておくと良いかと思います。
ゴミ袋は、そのままゴミ袋としても使えますし、細かい物や配線などの部品をまとめて、本体の近くに置いておくことも可能です。
タオル同様、丸めると緩衝材の代わりにもなりますし、濡らしたくない場合、カバーとして使うことも可能です。
自治体が変わると、指定のゴミ袋も変わりますので、今ある分は使いきる位の気持ちで使っても良いと思います。

 

ハサミ、カッター、工具など

ハサミやカッターって1つではなく、幾つか用意しておいた方が無難です。
引越しの荷物に紛れて、いざ使おうと思ったら、あれ?ハサミどこだっけ?といった様なシーンが多々あるからです。
単身ならまだましかもしれませんが、家族での場合、荷物をばらす際、1つしかないと、1階で使ってるから、2階では段ボールが開けられないなんて事も多々出てきます。
あと、工具に関しても、家具等を組み立てる際に必要になってきます。
組み立てが必要な家具は、組み立てて初めて、その用途が機能します。組み立てられていないと邪魔で仕方ありません。
スムーズに組み立て作業も行える様、工具も分かりやすい箱に分類しておくか、自分で運ぶなど、差別化しておいた方が良いかと思います。

 

ガスコンロ

意外に、引越すと規格が変わったり、サイズが合わなかったり、IHに変わっていたりと案外トラブルが多い物の1つです。
事前のサイズ確認は勿論ですが、使う場合の準備はしっかりしておきましょう。
また、IHに変わったりした場合、粗大ごみとして処分が必要ですよね?
ガスの開栓は立ち合いが必要なので、お風呂等も考え、ガス会社には早めに通知しておく方が無難です。
どうしても、使えない場合は、代わりにカセットコンロを用意しておくのもありかと思います。
私は、引越し当日に予約をしておいたので、困ることなく引越し後、すぐにお風呂が使え、疲れをとる事が出来ました。

 

布団

持っていく場合は、恐らく圧縮袋などで、圧縮している場合もあるかと思いますので、早めに開けて、天気がいいなら干しておくと良いかもしれません。
私は引越し料金を下げる意味でも、あえて持っていかず新たに購入したので、引越し当日に配達してもらう事が出来、新品の布団で気持ち良く寝る事が可能でした。
その場合、シーツや枕、枕カバーなどは忘れがちなので、注意しましょう。
因みに枕カバーを忘れていたのですが、タオルでくるむと代用出来たので助かりました。

 

冷暖房器具

季節に左右されますが、エアコン等もすぐに使える様に早めにチェックしておきましょう!
新しく購入した場合の取り付け工事や、持っていった場合の取り付け工事に関しても、早めにやってもらい、きちんと機能する事を確認しておいた方が無難です。
後になって、ガスが抜けていて使えないなどとなると面倒なので、冷暖房共に確認しておきましょう。
また、新しく取り付け工事を依頼する場合も引越し当日か翌日あたりには工事してもらうと一度に出来るので便利です。
冬場に暖かい地域から、寒い地域に引越して、暖房器具がないとか使えないとなると、とてもじゃないけど眠れないですよー

 

自転車

1台あるだけで、行動範囲は勿論、ちょっとした物を運ぶ際にもかなり便利です。
引越し後って、思わぬ買い物が付き物です。
そう言った時や地域を知る為にも、自分のペースで移動出来る自転車は思わぬ力を発揮します。
因みに、こちらでは、面倒な防犯登録や全国出張サービスなど安心で便利な自転車が数多くあります。
不要な自転車の引き取りまであるので、運ぶよりも買った方が断然いいのでは?といった物の1つです。

 

激安家電

激安なのですが、60年以上の実績もあり、あ!これ忘れてた!って時にとても重宝するサイトです。
見積もり時に運ぶか、買い換えるかを検討する時にも役立ちます。
因みに、ショップ自体の売り上げでは、エアコン、空気清浄機、自転車が上位を占める様です。
引越し後、必ず、欲しかった家電や、必要になる家電って出てくるので、役立つサイトだと思います。
この激安ぶりには驚かされますよー

 

いかがでしたか?
因みにここで例としてあげたのは、ホントに一例です。
当たり前に使っていたもの程、使えないと不便を感じるので、すぐに使えるように別梱包にしておくとか、別に運ぶ、或いは先に新居に置いておくなど工夫が必要です。
番外編だと、いつも飲む薬なども忘れない様にしておいた方が良いかと思います。
まだあると思うので、別梱包にする「すぐに使うもの」はあらかじめチェックしておきましょう!

 

引越しは新しい運気を運ぶチャンスでもあります。