フレッツ光、引っ越し時に絶対損しない為に。。

世界最速の超高速インターネットNURO光

清掃費用は支払う義務なし

以前から、賃貸アパート・マンションの退去の時にもめる話として有名なのが、敷金の返金についてです。

 

敷金と清掃費用についてお話します。

 

引越し前後に、引っ越し作業と並行して、不動産屋とお金の清算の話がでてくると思います。

 

自分で知識を持っておくと、本来戻るべきお金が戻ってこないままになってしまって大変損です。

 

しっかりとした知識をみにつけておきましょう!

 

敷金とは

 

敷金とは、アパート・マンションなどの借家を借りる賃借人が、大家(オーナー)にお金を預けて、退去時の修繕費として使うためのお金です。

 

物件によっても異なりますが、だいたい1から3か月を預けることが多いようです。

 

壁紙や畳など、賃借人の過失による汚損の修繕費となります。

 

そのため、賃借人の過失による汚損がなければ、敷金は全額返金されます。

 

悪徳な大家と管理会社が、本来返却されるべき敷金を使って、物件の価値を上げる修繕をしてしまうということが往々にしてあるので注意が必要です。

 

清掃費用

 

不動産屋や管理会社に何も言わないと、清掃費用を敷金から差し引かれてしまうことが多々あります。

 

この問題は、以前より議論があり、裁判を起こす例までありました。

 

そこで国がガイドラインという形で方針をまとめました。

 

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について

 

分かりやすく言うと、経年劣化は敷金で修繕する義務はないというものです。

 

通常の使用においても、壁紙が日焼けで変色したり、畳がすり減ったりということはあります。

 

これらを敷金で修繕することは認められないということです。

 

また、通常の使用による汚れについては、清掃すれば回復できるので、きちんと清掃してあれば、賃借人が清掃費用を支払う義務はありません。

 

自分では清掃できない、清掃する時間がないという場合は、敷金で業者を頼んで清掃してもらうというのが正しい考え方です。

 

実際の清掃費用は、それほど高くはなく、1kのマンションであれば20000円くらいでも足ります。

 

ところが、実際には大家がマージンを取るので、25000円くらいとられることもあります。

 

そんな時は、「自分で手配する」と伝えましょう。

 

個人でやっている業者をみつければ、5000円~10000円くらいは安くできます。

 

おすすめの引っ越し見積もりサービス

 

 

 

関連ページ

引越し見積もり、フレッツ光、恐怖の段ボールの話とか。。
引越し見積もり、恐怖の段ボールの話とか。。 絶対知っておきたい!フレッツ光、引越し費用の裏のからくり見ないと損!
えらいこっちゃ、引越しがキャンセルになってもた!
えらいこっちゃ、引越しがキャンセルになってもた!フレッツ光、引越し費用の裏のからくり見ないと損!
突然の転勤、お金はどうする?
突然の転勤、お金はどうする?
引っ越し後のトラブル
引っ越し後のトラブル発生。引っ越し後の新生活を楽しみにしていたので、いきなりのトラブルで大変。
集合住宅の下見するときにはここを見て
住んでから後悔しないために、集合住宅の下見するときには見るべきところがあります。
本当に引っ越し業者が必要?
引越し業者を頼むとそれなりにお金がかかります。本当に引っ越し業者が必要か考えてみましょう。
引越し時にかかる意外な費用
引越し時はいろいろとお金がかかります。意外と知られていない費用について考えてみます。
短期の一人暮らしならマンスリーマンションのほうがお得
短期の一人暮らしの場合、レオパレスなどマンスリーマンションのほうがお得な場合があります。
引っ越し時の失敗談
引っ越し時いろいろと失敗することがあります。気を付けてほしいことをまとめました。
引越し業者を頼むなら梱包資材は多めに確保
引越し業者を頼むなら梱包資材は多めに確保しましょう。
引っ越し前日はビジネスホテルに宿泊!?
引っ越し前日はビジネスホテルに宿泊した経験があります。それはなぜでしょうか。
飼っているペットはどうする?
引越しのときに飼っているペットは意外と足手まといです。
住むなら2階以上がよい理由
住むなら2階以上がよい理由
大変!引越し後に壁に傷がついた
大変!引越し後に壁に傷がついた
引っ越し直後に確認すべき点
引っ越し直後に確認すべき点
松本引越しセンターが倒産?!
大変!松本引っ越しセンターが倒産?!
女性が安心して頼める引っ越し業者は?
女性が安心して頼める引っ越し業者は大手がよいでしょう。
引越しの機会にやるべきこと
長い人生で誰しも経験する引っ越し。引越しの機会でないとできないことがあります。